毎日を振り返るほんの少しの時間の大切なティータイム。
<< ニュークロップ。 | main | ブラジル・ナチュラル入荷。 >>
パナマコーヒー農園リポート。
0
    お待たせいたしました。
    1月末に買い付けに行ってきました、パナマ〜グァテマラのコーヒー農園のリポートです。

    成田空港から約12時間、ニューアーク空港で乗り継ぎパナマへ・・・のはずが、このときエンジントラブルで成田空港を1時間半遅れで飛び立ったため、ニューアーク空港からヒューストンを経由してパナマへ。。。合計8時間。(このアクシデントの模様は番外編で)

    パナマシティの空港に着くと、農園主の手配で女性エージェントが待っていてくれていました。
    ここから、車で40分ほどの空港に移り、国内線に乗らなければなりません。
    あまりにも時間が無く、入国審査からバッゲージのピックアップまで全てエージェントがやってくれるという超VIP待遇。その間約5分。
    僕らはVIPルームで待っていて飲み物を飲んでいるだけ。いいのか?こんなことで・・・。
    計画通り到着していれば前日の夜中。それはそれでかなり危険なので、同じようなVIP待遇の予定でしたが。。。
    すぐに待機していたマイクロバスに乗り込み空港へ。
    ギリギリで間に合い、チェックイン!ボーディングチケットをもらって・・・ていうかボーディングチケットが整理券みたいなボロボロのプラスチックだし・・・分厚いし・・・
    飛行機に乗り込む階段の手前で、お姉さんに渡すんですが物凄い量で持ちにくそうだし・・・一抹の不安を抱えながらヤバそうなプロペラ機に乗って約一時間半。
     
       整理券みたいなボーディングチケット         ヤバそうなプロペラ機

     
     結構ボロボロでガタがきているのでうるさい      意外と高く飛んじゃいましたー

    パナマコーヒーの産地としては有名な「ボケテ」という町にやってきました。

    空港には農園主のノベルト氏が迎えに来てくれていました。彼の車で宿へ。
    宿はノベルト氏が経営する農園の中にあるホテル「VALLE ESCONDIDO」・・・直訳するとスペイン語で「隠された谷」と言う意味。
      

    今回うちが買い付けたパナマのコーヒーには、このホテルの名前に因んで、
    「Cafe Escondido Del Panama」(パナマの隠されたコーヒー)というブランド名をつけることにしました。

    翌日は早いので、ノベルト氏と食事をしたあと軽くミーティングをして休むことに。

    次回は農園に到着です。
    | 産地情報。 | 20:31 | comments(0) | - | - | - |









    CALENDAR
    SMTWTFS
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ