毎日を振り返るほんの少しの時間の大切なティータイム。
<< やっと。。。 | main | グループ店ウェブサイトショップオープン。 >>
コーヒー産地の異常気象。
0
    今日も昼間はとても暖かかったですね。
    さすが暖冬。。。

    とにかく異常気象です。
    先日行ってきたグァテマラもやはり異常気象でした。
    現在、中米は乾季に入っています。
    早いところでは昨年の12月頃からコーヒー豆の収穫が始まっていますが、今年のグァテマラは雨が降り続き、現在収穫が遅れています。

    コロンビアも収穫が遅れているようです。

    生産者にとっても、僕たちにとってもとても深刻な問題です。

    昨年に引き続き、ウエウエテナンゴの「ウィッツ マティグ農園」の豆を買い付けるため、今年もあの崖を登る覚悟でやってきましたが、当日もあいにくの雨。。。
    それでもなんとか地元のドライバーを雇って、四駆のピックアップトラックで出動。
    覚悟は更に倍!たらーっ

    確か去年の話では雨が降ると地盤がゆるむから、道が壊れて転落する可能性があると・・・
    ま、あくまでも僕の記憶が正しければの話ですが・・・過去、雨が降ったときに数台転落していたような・・・

    ま、いっか。

    詳しい話は、後日の産地情報でお話しますが、とにかく無事にはたどり着くことができました。

    農園は標高1500m。上に行けば行くほど雨は激しくなり、去年とは全く違う風景のウィッツと出会いました。
    ドシャ降り・・・
    こんな状態は過去数十年は無かったということ。

    完熟した実はたくさん付いている。でも収穫できない。
    パティオでの天日乾燥工程がスムーズに行われないからです。

    心配です。
    というかグァテマラだけでなくコロンビアも。
    コーヒーだけでなく世界中の全ての農作物が。。。

    「天候に左右されるビジネスが一番儲からない。」と、よく言います。
    確かにその通りです。
    しかし、天候に左右される仕事が一番地球の変化・・・危機に敏感になります。
    地球の上で生かされている人間である以上、なんとかしなければいけないと切実に感じるのですが、何ができるのかさっぱりわかりません。
    最低です。
    四季を当たり前のように過ごしている日本人は、世界で最も異常気象に敏感なはずなのに、世界で最も平和ボケしているために、本当の意味での危機感は感じていない。口だけ。間違いなく自分もそう。

    ひとりひとりが危機感を感じなければ難しい問題ですが、今の日本人にはちょっと難しいかなぁ・・・

    なんてことも、人間らしい危機感を持って生活している国へ行ってくると、感じることのひとつです。

    でもさぁ・・・本当に心配だなぁ・・・これからどうなるんだろう。
    人間の自業自得だから仕方ないか。

    でも、地球は守らなくちゃね。決して人間の為ではなく、地球のために。
    | 産地情報。 | 23:28 | comments(0) | - | - | - |









    CALENDAR
    SMTWTFS
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ