毎日を振り返るほんの少しのカフェタイム。
<< ご了承ください。 | main | 海外からの迷惑マルチコメント。。。最悪。 >>
オゾンCTカンパニーの仕事。
0
    「オゾンCTカンパニーって何者?」
    ・・・と、よく聞かれます(笑)何者?っていうのもちょっと面白いです。
    今日は、うちの会社の業務についてご紹介させていただきます。

    端的に言うと、「みなさんが飲食店で成功するために踏み台にする会社」ですイヒヒ
    こんなこと言うから、いつまでたっても貧乏なんだな・・・ポロリ

    でも、間違いではありません。
    特にグループのみんなにはそう思ってもらいたいです。
    そして、僕自身も「グループ」というものはそういうものであるべきだと信じています。

    なにも知らない、なにもできない人をゼロから育てて成功へ導くのが、オゾンCTカンパニーの基本的な仕事です。
    もちろん、クライアントには経験者や業界の先輩方もいます。
    ですから、開業指導なんていう単純な仕事ではありません。

    飲食店と言っても、基本的には「カフェ」「レストラン」の指導がメインです。
    特殊技術指導としては、「コーヒー自家焙煎技術」の指導も行っています。

    また、企業からの委託による飲食店の運営も行っています。
    これは、守秘義務がありますので公開できませんが、要するに表向きは有名な企業が運営する飲食店を、実は当社が運営しているという場合もあるということです。
    企業の運営する飲食店の顧問を務める場合もあります。

    現場経験が豊富なため、オペレーション指導や内装のレイアウトを最も得意としています。
    その他、接客などの人材教育。メンタルマネージメント。
    出版社から依頼があれば執筆活動、専門学校の講師活動。

    そして、当社で日常的に行っているフード・スイーツ・ドリンクなどの技術指導。

    ソフトからハードまで、トータルでサポートするのがオゾンCTカンパニーの仕事なのです。

    お金をかけて宣伝することは一切いたしません。過去に二度宣伝広告をしたことがありますが。。。


    来週から、コーヒーの産地へ買い付けに出かけますが、これも一食材へのこだわりですから、あたりまえのことだと思っています。
    もちろんコーヒーだけでなく、他の食材にもこだわりますのでいくらでも海外にでかけて良いものをみつけてきます。
    ただ、コーヒー、紅茶以外の食材などは生ものも多いので、クライアントに紹介してなるべく直接取引きできるようにしていきます。

    「スプレモ」というコーヒー豆と紅茶葉を扱うカフェプロダクツショップは、うちにコーヒー・紅茶の技術があるということと、「人に任せ易い業態」ということで運営しています。
    というか、僕自身はカフェをやりたいのですが、自分がカウンターに立って仕事をしたいので、今は人に求められる仕事に集中して我慢。将来またコーヒー屋のオヤジに戻りたいと考えています(笑)

    それに、実は当社の売り上げの70%以上はコーヒーの焙煎豆と紅茶葉の販売が占めています。特に卸売りですが・・・
    ですから、うちの仕事はあくまでもコーヒーの焙煎豆と紅茶葉の卸業がメインなのです。

    僕の場合、自分がやりたくてコンサルティングを始めたわけではなく、自然の流れでこのような仕事になってしまったので、必要とされているうちだけ続けようと思っています。

    信頼できるグループがあるからこそ、うちはいつ潰れても大丈夫です。そしていつ辞めても大丈夫です。
    お得意先への卸はうちのグループの自家焙煎店がきちんと振り分けて業務を遂行してくれます。
    そのため、自家焙煎のグループを必要以上に増やすことは無いのです。
    うちのグループはどちらが上とか下とかではなくお互いに常にリスクマネージメントを心がけてつながっていけるように努力しているパートナー同士です。
    うちのグループの場合、誰もやらない、誰も知らないオゾンオリジナルの焙煎方法を身につけている上に、独立してから焙煎技術で悩んでいる人は一人もいませんから、安心してうちの仕事を任せることができます。
    もちろん究極のレベルで悩むことはあると思いますが、それはお客さんにはもう解らない世界で、自分だけで楽しむマニアックなレベルです。

    本部であるオゾンCTカンパニーは皆さんが自立できるまでサポートし続けますが、それぞれが経営者ですからいつかは離れていく日が来ると信じています。
    そのとき、きちんと仕入先や問屋さんを紹介するシステム作りをしています。
    経営者がいつまでも狭い枠の中にいてはいけません。
    それでも仲間として、人としてつながっていられる人間関係を築き上げられるかどうかがうちの本当の実力だと思います。
    そして、それでもビジネスが成り立つのかどうかも勝負です。

    ただし、流通経路には信頼関係がありますので、コーヒーだけに限らず商社さん、問屋さん、そしてうちのような二次問屋という流れの中でのルールは守らなければ良い商売は続けられません。
    最近、節操無くいろんなところへ取引の問い合わせをしてしまう人もいるようですが、それでは逆にどことも取引できなくなってしまうだけです。
    グループに縛り付けるだけではなく、そういった業界のルールを指導するのも僕達指導者の役割ではないでしょうか。

    よく、「儲かりそうだからコンサルをやる」とか言う人がいますが、悪いことは言いません・・・辞めておいたほうが身のためです。
    ビジネスと割り切って、現場にも立てないくせに言うだけ言って、最後は相手のせいにしてやりっぱなしで終わりにできるなら、儲かるかもしれません。
    本気でお客様のためのコンサルをしている会社は決して儲かってないと思います(笑)・・・うちだけかなぁ?・・・コンサルは継続性もありません。
    コーヒーのような消耗品のほうがよほど継続性があると思います。

    難しいと言われても、商売が下手だと言われても、常に進化しなければ取り残されるこの時代には、こんな踏み台のような会社が必ず必要だと信じています。
    決して欲が無いわけではないですよ。お金は大好きですから!(笑)

    「みんなの踏み台に!」踏み台になるのも信頼が大切ですよね。本当にそうなれるように頑張りたいと思っています。

    よし!そのためにはまず「みんな踏み台に!」・・・やっぱりそうか。尻尾を出したな、悪魔めイヒヒ
    恐るべし、オゾンCTカンパニー。
    恐ろしい会社です・・・騙されるなよ!グループのみんな!ふっふっふっ!
    | - | 15:30 | comments(4) | - | - | - |
    わあ、居ないんですね,,,20日から23日まで東京に行くのでよれたらいいなとおもっていたのですが,,

    気をつけていってきてください!今年も宜しくお願いします!
    | maki@sapporo | 2007/01/16 11:39 AM |
    げ!makiちゃん、こっちに来る予定なんだね。
    20日までは居るんだけど・・・
    もしも、時間があれば連絡ください。
    20日は大丈夫ですよ!
    どっかでメシでも食いますかぁ?
    | masaya | 2007/01/16 1:39 PM |
    お疲れ様です。
    こちらにも先日久しぶりに意味不明な英文コメントが来ました。なつかしく思う反面、えいくそ!と削除しました。
    | B.B31巻目 | 2007/01/21 10:02 PM |
    お久しぶりです。
    意味不明な英文コメントには参りますよね(笑)
    コメント入れていただくのに、あまりにも認証が多いと手間がかかってしまい、コメントを入れるのが面倒になるじゃないですか?
    認証機能は良いのですが、考えものです。
    あんないたずらメールを入れている暇な人たちがいるからいけないんですけど。。。
    なんとかならないですかねぇ・・・
    | masaya | 2007/02/03 5:03 PM |









    CALENDAR
    SMTWTFS
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    PROFILE
    このページの先頭へ