毎日を振り返るほんの少しの時間の大切なティータイム。
<< レシピ本の依頼。 | main | 焙煎技術指導。 >>
コロンビア・グァテマラ リポート番外編。
0
    日本・成田からコロンビア・ボゴタまではアメリカ・ヒューストン経由でトランジットを含め合計約18時間30分ほど。

    ヒューストン空港

    とにかく遠い。
    時差は14時間でコロンビアの方が遅い。
    例えばコロンビアで朝7時のとき、日本では同じ日の夜9時になっています。
     
    ヒューストン空港内のスタバ。右はレストランで食べたハンバーガー・・・デカイし不味い。。。おまけにデカイコーラを頼んでもいないのにお替りまで持ってこられて、気持ち悪くなって・・・

    夕方5時に成田を出た僕たちは、18時間30分後にコロンビアに着きます。
    そのとき日本は翌日の午前11時30分。
    で、コロンビアはというと、僕たちが日本を発った日付の夜9時30分。

    ま、あたりまえのことなんですが・・・

    ボゴタの空港にはFNC(コロンビアコーヒー生産者連合会)のお偉いさんがお出迎えにきてくださり、混み合ってみんなが並んでいるのを尻目に、とりあえず空港は顔パス状態でチェックアウト。これが結構気持ち良いんです(笑)
    しかし、空港を出たとたん緊張感が高まります。
    マシンガンを片手に警備するポリスやミリタリーがたくさん。
    空港に群がる人々とは目を合わせるなと言われます。
    待機している車に荷物を運び込んで、自分たちも乗り込む。
    この車、防弾ガラスなので窓は開きません。運転席と助手席だけが上から4僂曚紐きます。これはいざという時、撃ち返すため。
    ボディは鋼鉄で造られていて、戦車と同じレベルの装甲車仕様になっているといいます。
    車種はみなさんがご存知の「ランクル」ですが、車重は乾燥重量で2・5t以上。。。たらーっそんな重いランクルは普通見たことが無いと思います。坂なんか、まともなスピードでは登れません。
    「万が一バズーカで撃たれても大丈夫ですよ。」と言ってました。
    なるほど!万が一撃たれるらしいです・・・なんだそれ?

    とりあえずホテルへ向かいました。
    夜とはいえ10時前なのに、ほとんど歩いている人はいません。
    車はたくさん走っていますが・・・
    夜は地元の人も出歩かないのが常識です。
    どこの国に行っても夜中に出歩いて、たまに危険な目に合う僕も、さすがにこの国ではおとなしくしています。
    ホテルに着くとまずは車のドアを開けて、犬に臭いを嗅がせてチェック。
    この犬は「爆弾犬」と言われる犬です。
    このホテル、実は2年ほど前に爆弾テロで爆破されています。
    一応、ボゴタでは一番セキュリティのしっかりとした、高級ホテルです。。。なるほど!

    もう、どの人がポリスで、どの人が兵隊なのかわからないくらい全員迷彩ファッション。ま、流行だと思って見れば、それも慣れてきますイヒヒどうも、身につけている長い危険なものはいただけませんが・・・

    とりあえずこの日は早めに寝ることに。。。しようと思ったら、動悸が激しくて寝られない。
    また始まった!恐怖の低気圧寝不足!
    ここボゴタというコロンビアの首都は標高2600mです。
    紅茶の茶園などに泊まるときも同じですが、これは2〜3日で慣れるものではありません。
    心臓はバクバクするわ、息苦しいわで寝られるわけがありません。

    今日は無理っっ!

    次回に続きます。
    | 産地情報。 | 17:45 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    はじめまして 私も今度ヒューストン経由で
    コロンビアにいきますが、ヒューストンでの乗り換え時間
    はなんとたったの一時間です。 コンチネンタルですが。
     乗り継ぎって簡単でしたか?それとも結構めんどくさかったでしょうか?
    | モリタ | 2006/10/04 9:46 PM |
    コメントありがとうございます。
    コロンビアに行かれるんですね。コーヒー関係の方ですか?
    くれぐれもお気をつけて行ってきてくださいね。
    乗り継ぎ1時間ですかぁ・・・ちょっとタイトですね。
    基本的に英語が話せれば面倒ではありませんが、コロンビア行きの人は結構チェックが厳しいです。しつこくいろいろと聞かれる場合がありますので、仕事の内容がわかる名刺(英語で書かれた)があると理解し易いようです。
    微妙に時間がかかると思いますが、1時間あればギリギリなんとかなると思います。
    帰りはヒューストンで一泊ですね。
    帰りはゆっくりと美味しいテキサス牛のステーキでも食べてきてください(笑)
    | masaya | 2006/10/04 11:35 PM |









    http://blog.ozone-ct.com/trackback/359023
    CALENDAR
    SMTWTFS
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ