毎日を振り返るほんの少しの時間の大切なティータイム。
<< コロンビア ディオッサ 05-06デリバリー開始。 | main | コロンビア ニュークロップ テストロースト。 >>
エスプレッソマシンのプレゼン その2。
0
    熊本のカフェでエスプレッソマシンの導入が決まり、指導させていただくことに。
    使い慣れない『GAGGIA』のマシン。
    オーナーが選んだマシンは、「D90 2Groups」で、ガジアでは最高級ラインのマシンですが、今回プレゼンに使用したマシンは「GD Compact」というシリーズで少々パワーが弱め。
    とは言ってもこのマシン、あなどれません。
    コンパクトなのにかなりの能力があり、もちろんコストパフォーマンスも良いので、おすすめです。

    GAGGIA GD Compact 1Group です。デザインもカッコイイと思います。

    僕の実力が無い上に、初めて使う慣れないマシンでてこずり、2時間やってこの程度・・・はぁ・・・情けない。。。
    ラテアートではなくフォーム多めのカプチーノです。
    ふわふわのスチームドミルクでロゼッタ。
    いかん・・・ロケットにしか見えんポロリ僕の実力なんてこんなもんです。ふぅ〜ん
    バリスタは凄いなぁ・・・


    ま、もう一度時間をたっぷりととって、オーナーに指導することになりましたので、そのときは完璧なロケットを・・・あ、ロゼッタを描きますよ!

    さて、そのマシンの隣には、今年のホテレスで発表された、『ミラージュ』がセッティングされていました。

    Mirage Triplette Classic です。この奇抜なデザインには参りました。

    このマシンは、マルゾッコを設計をした人が作ったもの。
    発表前から、このマシンは使わせてもらっていましたが、とにかく凄い。
    ポルタフィルターのハンドル部分も斜めに下がっていて、マルゾッコそっくり。
    なんと言ってもスチーミングのオンオフがフットアクセルで出来ること。
    最初から両手でミルクジャグが持てることと、スチーミングを止めたい瞬間にスコンッ!とストップできること。
    フォルムデザインもとっぽくて存在感あっていいじゃないですか。
    僕の最近のお気に入りのマシンです。

    手造りのため、年間60台の生産がやっとで、生産が追いついていないのが現状ですが、このマシンはいつか買いたいと思います。
    | コーヒーや紅茶のこと。 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.ozone-ct.com/trackback/335389
    CALENDAR
    SMTWTFS
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ