毎日を振り返るほんの少しの時間の大切なティータイム。
<< 小学生のお手紙。 | main | 2006。 >>
コーヒーの世界は井の中の蛙がいっぱい。
0
    って、自分も含めてよく感じますイヒヒ

    皆さんはコーヒーに何を求めていますか?
    コーヒーそのものの美味しさや香り、またコーヒーのあるシチュエーション、癒しの時間、仕事のお供、目覚め、お菓子のお供、食後。
    このブログを読んでいただいている方のほとんどが「コーヒー好き」ではあっても、「コーヒーマニア」ではないと思いますので、それぞれの人の捉え方によってコーヒーに求めるものは様々だと思います。

    現在はスペシャルティコーヒーといった、味覚評価された高品質のコーヒーが少しずつ出回ってきています。もちろんうちでも販売量の3分の2以上はスペシャルティコーヒーです。
    しかし、ほとんどの人にとってコーヒーは「自分にとっておいしければいい」もので、スペシャルティだとか、カップ・オブ・エクセレンスだとか、フェアトレードだとか、本当は全然関係のないことなのです。
    それが当然ですし、それで良いと思いますので、そのことを理解したうえで、私たちプロは少しずつ良いコーヒーを伝えていくことに努めていかなければいけないと思っています。

    ちょっとマニアックなお話ですが、スペシャルティコーヒーが登場し始めてから最近、焙煎技術の良し悪しが軽視されていることも事実です。良い味作りができずに閉店に追い込まれる自家焙煎店も少なくありません。
    逆に素人で焙煎をしてらっしゃる方々のほうが、技術を追求しているようです。

    昔から、コーヒーの世界は極端な意見が多く、「生豆が悪くても、焙煎技術が良ければおいしくなる」と言い、素材を軽視してみたり、今度は「生豆と焙煎機の性能が良ければ、どんな焙煎技術でも、よほどでない限りおいしくなる」などと言い始めたりして、技術を軽視してみたりと、地面から雨が降るような意見が平然とまかり通ってしまっているのがコーヒーの世界です。

    どちらの意見も間違いだということは、料理と同様に考えれば誰でもわかることなのですが・・・どうしちゃってるんでしょうかねぇ・・・確かに焼くだけで味作りをするので、料理と違うと言えば違いますが・・・

    素材である生豆の品質は、もちろん一番大切です。しかし、その品質にみあった焙煎技術もまた同じくらい重要です。食の世界のプロでなくてもあたりまえなのはわかりますよね。
    必ずしも『良い豚肉』 = 『良い味のとんかつ』にはなりません。
    まだ『良いマグロ』 = 『良い味の寿司』になる確率のほうが高いかもしれません。
    コーヒーも同じように『良い生豆』 = 『良い香味のコーヒー』にはなりません。絶対に生豆を飲む人はいないからです。

    ちょっと理屈っぽい話になりますが、味作りの方程式は

    『生豆の品質』 × 『焙煎技術』 = 『コーヒーの味』

    となります。ですから、

    『100点の生豆』 × 『70%の焙煎技術』 = 『70点の味』

    または

    『70点の生豆』 × 『100%の焙煎技術』 = 『70点の味』

    結果は同じになってしまいます。
     もちろん、こんな単純な計算にはなりませんが、刺身を食べる日本人にとってはあたりまえの方程式だと思います。
     
     必要な技術は、「素材を生かす」「甘味を引き出す」などという、いかにも大それた技術ではなく、素材を殺さない『正しい技術』です。
     そして、

    『良質の生豆』 × 『正しい焙煎技術』 = 『良い香味のコーヒー』

    という方程式が初めて完成するのです。

    職人気質の強い世界ではふつーに考えられなくなる人が多いのも事実です。
    自分がやっていることが凄いと思いたい気持ちはわかりますし、確かに誇りや自信は大切です。しかし、それほど興味のない人たちが大半であり、その大半の人たちに分かり易く伝えていかなければ広がりはあり得ません。そのことを理解していなければ商売も成り立ちませんし、後輩も育ちません。

    うちは「わかりやすさ」を求めてコーヒーを追求した結果、スペシャルティコーヒーにたどり着いただけのことです。
    そんなに深くは考えていません。。。なーんてこと言うと、またなんか言われそうイヒヒ
    僕はコーヒー嫌いの人のためにコーヒーを作っていますから(笑)本当ですよ!そんな人に「おいしい」って言われることが一番嬉しいんです。
    | コーヒーや紅茶のこと。 | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.ozone-ct.com/trackback/198935
    CALENDAR
    SMTWTFS
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ