毎日を振り返るほんの少しの時間の大切なティータイム。
<< コーヒーと紅茶が巡り合わせてくれる喜び。 | main | 新メニューの開発。 >>
新しい円すいドリッパー。
0
    先月、ハリオから円すいドリッパーが発表された。
    元祖円すいドリッパー販売会社のパテントが去年で切れたとのこと。
    実はずっと、自分で作ろうと思ってたんです。パテントの期限までは調べてませんでしたが・・・
    というのも、円すいドリッパーはもっとこうしたいという部分があったからです。
    ですから、うちでは長いこと円すいを販売していませんでした。

    でも、ハリオの円すいドリッパーはその想いをほとんど満たしてくれていました。
    相当研究したのでしょうね。

    まず、リブ(内側の溝)が長く、上部まで刻んであること。さらに、そのリブの本数が途中から増えること。
    そして、陶器や磁器のドリッパーを作りたいと思っていました。ハリオはセラミック製ですが、十分に保温性があると思います。
    あとは、どのサーバーでも安定して載せられる造りになっていることかな。

    いくつかは他社の陶器製のものを使ったことがあるのですが、造りが安易すぎて欠陥が多いものばかりでした。
    ひどいものは、下の穴がまん丸のためにお湯の抜けが悪くてどんどん溜まり、抽出に必要以上の時間がかかってしまうものもありました。

    円すいはネルドリップのようなアールを描いたような袋型ではないので、外側へいくほどコーヒー粉の層が薄くなります。ですから、ネルのような効果は期待できませんが、通常の扇形ドリッパーよりはお湯の抜けが良いので、誰が淹れても無難な味に仕上がりますし、さらっと落ちるので焙煎の失敗で残った渋味やエグ味もカバーしてしまいます。
    しかし、抜けが良いのでコーヒー粉を多めに使わないと、平板な味になります。

    これに対して、扇形ドリッパーは湯がドリッパー内に一瞬溜まるので、しっかりと抽出されます。そのため焙煎の良し悪しがハッキリと出ます。
    淹れる人や淹れ方によっても大きく味が変わってしまうのも扇形ドリッパーです。

    毎回味の違いを楽しめる人は扇形でも良いと思いますが、やはり、プロではない一般の人が無難にいつも同じような味に仕上げたり、淹れ方で味をコントロールするには円すいが一番良いとずーっと思っていましたが、いろいろと気になっていて・・・やっと先月、従来の円すいを販売しはじめたらハリオさんてば・・・どうすんの在庫!

    この、ハリオの円すいはリブの改造で、蒸らし効果も十分期待できますし、セラミック製なので保温性もまぁまぁだと思います。
    下の穴もリブをそのまま落としていったギザギザ型になっていますので、お湯の抜けもバッチリです。
    なんか・・・外側のデザインがホラ貝みたいですけどねたらーっ
    価格は1〜2杯用でプラスチック製が¥420、セラミック製が¥1050。
    セラミックはさすがに高いかな?冷や汗
    スプレモの会員さんは・・・何割引になるか知ってますよね。

    でもこれ、おすすめですよ。まだ、あんまり出回ってないみたいですね。
    あ!グループ店のみんなは今まで通り扇形で抽出してくださいね。
    でも・・・お客さんが抽出器具を指定できるのが特徴のグループ店もあるんだから、ドリッパーが選べてもいいかぁ。面白いかも。やってみるかな?

    よし、これであとはティーポットを作ればいいだけになったな。今、有田焼でオリジナルティーポットを製作中です。デザイン、機能性抜群!お楽しみに!驚くほど安いんですよ。

     
    見えますか?わかりやすいように少し暗くして撮ってみたんですが。
    プラスチック製もありますよ(右)。
    | いろいろな商品情報。 | 20:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.ozone-ct.com/trackback/106782
    CALENDAR
    SMTWTFS
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ