毎日を振り返るほんの少しの時間の大切なティータイム。
<< 焙煎と抽出の関係 その6。 | main | サービス。 >>
1%の可能性。
0
     夢を目指すとき、何かを成し遂げようとするとき、スポーツで勝負するとき。。

     僕は、体育会系なので、どちらかというと、僅かな可能性にかけてみる癖があります(笑)

    ただし、これは決してギャンブルのような考え方ではないので、根拠のない自信は破滅の道へ真っしぐらです(笑)

    できるかもしれないと思えるような自信を裏付ける「努力」や、思い続ける「覚悟」があるかどうかという、自分自身へのチャレンジだと思います。
     
    あきらめない。

    この一言に尽きます。
    試合とは言っても、スポーツは基本的に自分との戦い。
    夢の実現などは言うまでもありません。

    99%の不可能を可能にするのは、1%の「できるかも」を信じる気持ち。
    他力本願ではなく、自分自身の力で積み上げてきたものへの信頼。

    実はこれ、恋愛や人間関係にそのまま当てはめてしまうと大変なことになります(笑)

    ただのストーカーになり兼ねませんf^_^;

    なぜなら、恋愛や人間関係は、決して自分との戦いではないからです。
    相手があるということ。
    自分がどう思われるかよりも、相手がどんな気持ちなのかを大切にすること。
    思いやる気持ち。

    信頼関係を築き上げていく。
    相手を信じる。
    自分主体では成し得ない、想いの実現。
    実現?
    いや、想いを伝えるということですよね。

    恋愛でいうと…
    いわゆる、今時の肉食系男子は、僕はわりと好きですが、ただ自分の想いを伝えないと気が済まないから…みたいな伝え方はどうかと思います(笑)

    でも、伝えないよりは伝えた方がいい。
    そして、諦めも肝心(^-^)
    これは相手の気持ちがあるから。


    周りからいろいろ言われて、情報たっぷりで、告ったら100%大丈夫!
    みたいな確信を得てから、告る人、つまらないです(笑)
    かなり個人的な意見ですが…

    気持ちが弱ってそうな女子はナンパしやすい、とか、
    病んでる女子はすぐ付き合ってくれる、とか、
    よく聞きます(笑)
    なにそれ。

    反則です。
    というか、ダサいです(笑)
    それ、チャレンジって言わないですよ。

    99%ダメだと思っても、大好きだから、1%の可能性にかけてみる。
    これが、「本気」だと思っています。

    振られてもダメ元なんだから、仕方ないですが、
    もしも、1%が叶ったら、喜びもすごいですが、相手を本当に大切にすると思います。


    想いを伝える。。
    結果がどうあれ、相手に伝わらなければ、伝えたことにはならない。

    その人を追いかけ回すことが、「あきらめない」ということではないです。
    想いを伝える前にあきらめるなということ。

    決して押し付けではなく、人に想いを伝えることは本当に難しいと思います。

    それでも、伝える。
    覚悟を決める。

    想い。
    夢。
    技術。
    人間関係。
    恋愛。

    それぞれ、努力や覚悟をする場所やタイミングは違うけど、やっぱり「あきらめない」こと。
    そして、チャレンジする。

    いつもいつも、たった1%でも、その可能性を信じて。
    | 日記。 | 17:10 | comments(0) | - | - | - |









    CALENDAR
    SMTWTFS
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ