毎日を振り返るほんの少しの時間の大切なティータイム。
<< 距離感。 | main | お客さんありき。人ありき。 >>
ラテアート。
0
     いまだに咳が止まらない。。。
    血液検査も異常なし、レントゲンも異常なし。
    というか、とても優秀なくらい正常値だそうで。。。
    なんだかなぁ。アレルギーかな?

     ま、独立して20年以上もの間、健康診断というものを受けたことがない僕にとっては良い機会です。
    もう少し調べてもらおうかな。

     あ、遅くなりましたが、1日から秋のVIPセールが始まっております。
    すいません。かなり大きなミスを犯してしまいました。

     『秋』のVIPセールなのに、『春』のVIPセールと印刷してお送りしてしまいました。。。たらーっはい。
    秋っぽいデザインにしていますから、気付いたお客様はあまりいらっしゃらないようですが。いや、参りましたイヒヒ
    印刷前にはスタッフ全員とお客さんにもチャックしてもらったんですが、誰も気付きませんでした。。。みんな、疲れてるな。ノーノー

     さて、残すはあと5日。みなさん、心よりお待ちしております。

     最近は、ほぼ毎週エスプレッソの指導をしている状態。
    これからオープンするグループ店はもちろん、現在営業中の店もマシンの導入が当たり前になっています。

     エスプレッソも、大切なのは味。ですが。。。
    JBCも今年からセンサリージャッジの評価を大半が占めるようになりました。
    「味の評価」・・・どうなんですかね。誰が作った基準なのでしょうか?これほど曖昧な評価はありません。美味しい不味いは嗜好の問題ですから、良い悪いで評価しないといけません。
     しかし、接客業である以上、最終的に評価するのはお客様。
    ま、競技というのはあくまでも「競技」であって、現場とは別に考えたほうが良い気がしますが・・・僕だけでしょうねぇ。。。

     もちろん味だけではなく全ての評価はお客様がするもの。
    お客様に支持されなければ簡単にお店は潰れますから、例え「競技」のチャンピオンであっても、それが本当の実力ということなんですけどね。
     ただ、競技は競技で業界には大切な影響を与えるものです。日本人が「競技」を主催すると、ルールばかりで堅苦しくてつまらないので、もう少しラフにしても良いかなと思ったりもします。
     すいません。僕はバリスタでもないし、あまり興味もないほうなので、ただの評論家になってしまうのは良くないですね。
     でも、コーヒー業界のいろいろなことが良い方向に向かってくれることは嬉しいので、たくさんのバリスタとも交流を持っていますし、少しでも僕がお役に立てることはさせていただきたいといつも思っています。

     エスプレッソを指導していると、みなさんやはりラテアートをすぐにやりたがります。最初はショットの味・・・。根気良く味作りをしながら、ドーシングから、タンピング、そして抽出までの一連の動作を流れるようにある程度身につけてきたら、ラテアートの練習です。

     これは、やっぱりお客さんは喜びます。
    やり始めると奥が深いのは言うまでもありません。

     みんなが少しずつできるようになっていくのが楽しくて仕方ありません。
    僕は独学でしたから、無駄に時間がかかってしまい、酪農家の方に何度ゴメンナサイしても足りないくらい牛乳を無駄にしてしまいましたポロリ。。。ゴメンナサイ。
     ですから、少しでも早くできるように伝えなければなりません。
    コーヒーも牛乳もなるべく無駄にしてはいけません。

     先日、ある焙煎やさんの焙煎指導に榎本亜希ちゃん(可愛いバリスタですよ)を連れていきました。いや、むりやり付き合ってもらいました(笑)
     そのときに、彼女が「こんなに大変な想いをして仕上がるコーヒーを、私たちはもっともっと大切にしなくちゃいけない。」・・と、独り言のようにつぶやきました。
     彼女は本当にコーヒー豆一粒一粒を大切に扱ってくれます。
    ミル調整のときに、数回挽いてはカチカチカチッってドーサーから出して、豆を山盛り捨てる。。。。これ、みんな結構あたりまえにやっています。
     亜希ちゃんのあの一言、本当に嬉しかったなぁ。いつもありがとうね。
    彼女の一言にはいつも初心に帰らされます。純粋な人の言葉は良いです。

     ということで。(どういうことで?)
    今日は、僕のラテアートです。下手ですが、バリスタじゃないので許してください。先日オープンした軽井沢の「カフェ・ル・プティ・ニ」でお客様に出したものです。ケータイのカメラなので、写りはゴメンナサイ。

     

     
    ちっちゃいカップで無理しました(笑)一筆書きトリプル!なんだこりゃ。バランス悪っっ。。。

    ま、こんなもんしかできません。
    こんなことができても、美味しくないと意味がないんですけどね。
    アート下手でも美味しければOKだな。

    ・・・これ、本当に美味しいのか?不味そぶー
    ゴメンナサイ。。。今日、謝ってばっかり。
    | コーヒーや紅茶のこと。 | 19:41 | comments(4) | - | - | - |
    初めまして…。
    と言っても先ほどまで一緒に居ましたね…(笑)
    すみません。お仕事ですね(^-^;)
    本日は遅くまで本当にありがとうございました。
    やはり「あ〜そういうことなんだ!」といつもきちんと私でも(?)理解出来る様な言い回しでお話してくれて本当に嬉しいです。
    まだまだ駆け出しですが、これからも日々精進。で頑張りますのでどうぞ宜しくお願い致します。

    アレルギー心配ですね…でもきっと、イヤほぼアレルギーでしょうね。残念ながら…お互い免疫力低下に打ち勝ちましょうね。

    そうそう…カレーが効くみたいですよ。特にハ○スが!!(笑)
    | atom | 2009/09/04 12:37 AM |
    こんにちは。コメントありがとうございます。
    なぜatom?・・・arashiじゃないの?

    昨晩は遅くまでお邪魔してしまい申し訳御座いませんでした。
    焙煎、上手になりましたね。
    だんだん、話が簡単に通じるようになってきたので、こちらも楽しいです(笑)

    焙煎は、難しく考える必要はなく、理屈がわかっていればとてもシンプルな技術です。ただ、扱うものが農作物なので変化していきます。それにあわせたコントロールができれば良いだけです。
    それには「勘」だけでは無理です。「勘」は、ほとんど「思い込み」です。
    しかし、「経験」は「慣れ」を生み出します。「熟練」などどカッコイイことは言わず、早く「慣れ」ることだと思います。

    ・・・・アレルギーには「慣れ」ません。。。
    この咳、早くなんとかならんかなぁ・・・時期を待つだけですかね。
    はぁ。。。やっぱり、アレルギーかぁ。。。っていうか、ホントにカレー効くんですか?
    | masaya | 2009/09/04 11:19 AM |
     こんにちは。いつもおいしい珈琲を有り難うございます。
    さすが、素敵なカフェアートですね。私なんか、何度やっても、うまくいかなくって。
     教えてくれていたお店も閉店してしまって。おいしかったんですよ。本当!!(もったいない。)やっぱり、ちゃんと基本を知らないとだめですね。私は。
     体調は、いかがですか?せきは、怖いですからね。早く直るといいですね。私は無事、7ヶ月になりました。
     おいしい珈琲は、しばらく飲めませんが、(眠れなくなるので)おいしい珈琲を、皆さんに飲んでもらえるよう、これからも精進していきます。
    | schan | 2009/09/10 3:14 PM |
    schanさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます。
    素敵とか言われると恥ずかしいです(笑)
    この程度のアートは誰でもすぐにできるようになりますよ。

    何度も練習するしかないですけど、指導する人の教え方にもよるので、出来ない原因はいろいろなところにあります。

    咳は、アレルギーによるものでした。過労も重なっているようです。今、喘息用の吸入薬を使っています。。。なんだか、虚弱体質になってしまいました(笑)
    お気遣い、ありがとうございます。

    schanさんもしばらくコーヒーは我慢ですね。元気な赤ちゃんを産んでください。楽しみです。
    うちのカミさんは、妊婦のときもガンガンコーヒー飲んでましたが・・・(笑)おかげで、息子は1歳の時からコーヒーはブラックが大好きでした。ま、少ししか飲ませませんけどね。

    では、また。
    | masaya | 2009/09/11 11:02 AM |









    CALENDAR
    SMTWTFS
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ